Q.U-upに応募したきっかけは?

もともと中学校の先生で学校現場ではなく他のところで学ぶ環境をもっと整えたいと思った時にU-upを見つけて同じような志の方がたくさんいるんだなと感じ応募しました。

Q.U-upに入社して良かったこと

行動が早いところです。学校現場だと自分が企画したものは学年主任を通して教頭先生校長先生と段階を得ないとなかなか行動に移すことができなかったのですが、U-upは教育のベンチャー企業と言うだけあって社長に直接言って社長が「オッケーやろう」って言えばすぐに対応してもらえる。次の日には他の備品が揃っていたりしてすごく行動が早いところに魅力を感じます。

Q. 自分が今後どうなりたいか?

もともと教員を辞めたきっかけは、1人でも子供たちが明るい未来を歩んで欲しい。そこを目指したくて教員を辞めたのが1番のきっかけです。U-upを通して多くの子供たちが少しでも未来が明るくなってもらえるように貢献していきたいです。

Q. 今後どういう形でSNSを導入する?

基本的にはInstagramのフィード投稿、リール、ストーリーズ、色々なものが発信できるツールだと思っているので、Instagramを中心にその後LINE公式アカウントに繋げたり、YouTubeに繋げたりするという導入部分として、まずInstagramを解説していきます。普段どんな授業をしているのか、例えば不登校の子でも必要な知識ってどのぐらいのレベルの話なのかっていうのをU-upと相談しながら明確にし、「このくらいの基準まではU-upに来ることで出来る様になりますよ」というのが明確になれば、そのInstagramを見てくる生徒様が増えるのではないかと思っています。そういう提案をしていきたいです。

Q. どんな社員と一緒にお仕事したいですか?

自分自身は教員を経験して、ある程度の教育のことについては勉強してきました。逆に社会人経験が無くて色々な社会人経験をされてきた方で、より子供に対してこういう風に伝えていきたいとか想いを持っている方と、一緒に仕事をすることでより自分も成長していけるのではないかと思っています。そして、より子供に対して将来の理想の姿が見せられているのではないかと思っています。色々な経歴の方が来てもらえると嬉しいです。

Q. 努力していることは?

基本的にはまずストレスをためない。
とても大事だなと思っていて、教員の時ってすごく多忙だったので寝る時間が遅くて朝早いとなると、どうしてもイライラしてしまったりすることがありましたが、教員を辞めて生活習慣を整えていくことで相手がどんな人を求めているのか明るい人が良いのか元気な人がいいのか、はたまたちょっと暗い人がいいのか、的確な助言をしてもらえる人がいいのか、色々な求めている人に対してその表情だったり、姿を見せられるようになったのでまずはストレスをためないように生活習慣を整えていきます。

今すぐ応募

ENTRY

U-upの一員として、あなたの力を発揮してください